尿失禁の原因を知ろう|問題を解決して悩みスッキリ

加齢とともに発症

女の人

男性と女性で異なる症状

加齢によるトラブルの一つに尿失禁があります。尿失禁は病名ではなく、様々なトイレでうまく排尿ができなくなった際のトラブルの総称となっています。男性と女性では排尿の機能が異なります。膀胱からの尿道の長さは女性は3〜4センチ程度しかありません。しかし男性の場合には、20センチ程度もあります。この長さの差も影響して尿失禁は女性に起こりやすくなっています。尿道が長い分その間にある筋肉が途中で尿を抑えることができます。そのため我慢しやすいのは男性なのです。しかし男性でも尿道の途中で尿がたまり残尿感があったり、尿道がたるむことによって排尿後に無意識に垂れることもあるのです。そのため尿失禁の症状は男性と女性で異なっています。

認知症が要因になる

尿を膀胱から出口までの間で抑えているのが神経と筋肉です。これらの神経と筋肉が加齢とともに緩むことによってふとしたタイミングで尿が漏れることがあります。これが尿失禁です。重いものを持ち上げたり咳やくしゃみなどの腹圧の上昇で生じるものは尿道周りの筋肉などに異常が生じた時に発症します。切迫性尿失禁と呼ばれるこらえきれずに漏らしてしまうものは暴行の異常であることが多くなっています。そもそも排出機能の問題が要因で尿があふれる状態の場合もあります。またこれらの症状が重なる複合型も存在します。しかし一番多いパターンは認知症などの為にトイレに間に合わない、トイレがわからないなどの排せつ行為が認識できないパターンであり、機能性尿失禁と呼ばれています。